命をいただくことで生きていること、つまり“生かされている”ことへの意識が、食育の域を超えて、 生きることの義務と使命を考えるきっかけになることを期しています。