直接担当はしていませんが、冒頭の立ち上がり方、データの許容範囲やWeb連動、 利用側への配慮などの論議は非常に勉強になりました。