人と人、人と大地、過去と未来とをつなぐものとして農業を捉え、 この考えかたを全ページに一貫させています。