経営史の区切りも時代色のある表現となっています。