100冊を通して伝えたかったのは、この本に書かれた一文でした。  “「知る」ことは、「感じる」ことの半分も重要ではない”(『センス・オブ・ワンダー』(レイチェル・カーソン著/新潮社)